酒ブログ 横浜『トンネルワインフェスタ2018』~東欧・中東のワインが集合!~

横浜にあるトンネルの中で、東欧や中東のワインと音楽を楽しめるイベント『トンネルワインフェスタ2018』。

11月下旬に開催されるというので行ってみました。
場所は横浜駅から北上したところにある横浜東横緑道トンネル。
地図を見ながら歩いていくと...

IMG_9247.jpg

え?ここ?
マジでトンネルだ。
ホントにここでやってるのかなと不安になります。
ひんやりと寒いトンネル内をとりあえずグングン進むと...

IMG_9248.jpg

光の射す方に人だかりが。

IMG_9268.jpg

めちゃ賑わってる!
みなさん東欧や中東のワインを楽しみに集まって来たんですね~!

かつてサイゼリヤのマグナムボトルしかワインを嗜んだことがなかったのですが、
ワインを好きになったきっかけが東欧のルーマニアで飲んだ赤ワイン。
サイゼリヤのマグナムも好きでよくお世話になってますが、
ルーマニアでの仕事終わりに行ったレストランでおすすめされた赤ワインがビックリするくらい美味しくて。
果実味に溢れ芳醇そのもの、1人でペロッと1本空けちゃった思い出があります。
実は東欧は歴史あるワインの一大産地なんですね~。

トンネル内には各国のブースが設けられていてその中から幾つか撮らせていただいたものが以下。

IMG_9251.jpg

ルーマニア

IMG_9249.jpg

チェコ

IMG_9260.jpg

クロアチア

IMG_9267.jpg

ジョージア(旧グルジア)

IMG_9252.jpg

こちらはレバノン、アルメニア、アッシリアなど

他にモルドヴァやウクライナ、イタリアやカリフォルニアのワインなども参加!
たくさんあり過ぎてどれから飲めばいいのか困っちゃう!

と、散々ワインと言っておきながら最初に飲んだのはビール。

IMG_9250.jpg

チェコのブデヨビツェ・ブドバー。
店頭に立つチェコのおやっさんの言葉「これが本物のバドワイザーだよ~。」に、
チェコ人の誇りを感じます。
というのもこちらのビール、英語表記でBudweiser Budvar(読み方はドイツ語読みのブドヴァイゼル・ブドバル)というんですね。

世界中で流通している米国のライトラガー・バドワイザーはもともとチェコのこの名品にあやかって名付けた物。
のちのち本家が米国に進出したところ、商標を巡る訴訟になったという歴史があります。

中世まで源流をさかのぼることが出来る歴史あるビールで、ヨーロッパを代表する銘柄!
ドライな飲み口ながら風味豊か。そしてホップの苦み・爽快感が素晴らしいビールですね~。
ビール消費量世界一の国チェコが誇る名品だ。

ビールを飲んだら次はいよいよワイン!
ワインは受付でグラスを100円玉と交換で貰えます。
グラスワインの価格帯は500円~。お手頃ですね!
各国のボトルワインももちろんお土産に買えます。

IMG_9253.jpg

こちらは中東のワインブースに並んでいた珍品、
シリアの自家製ワイン。

IMG_9254.jpg

一口飲めば甘いブドウの風味が広がる~。風味自体は若めで渋みもありますね。

しかしシリアってゴリゴリのイスラム圏でアルコール作っちゃダメなんじゃないかしら?
まさか命がけの密造ワイン...?
と思ったら、多数派はイスラム教スンニ派ですが、
キリスト教系住民も少なからず在住し、さらにアラウィー派という同じイスラム圏でも独特な教義と文化で異彩を放つ少数派が存在、飲酒も許可されているんですね~。
少数派ながらシリアの政治・軍事を握ってきたのはこのアラウィー派だそうです。
現在、長く続く内戦でシリアの人々の苦労もいかほどのものか、自分には想像すらできません...。
どういう気持ちでワインと向き合ったら良いか分かりませんが、有難く頂戴しました。

さて、中東のワインを試したら次は東欧へ。
次はクロアチア!

IMG_9261.jpg

ネクタイ発祥の地クロアチア。
中世、クロアチアの兵士がフランスの傭兵として30年戦争(プロテスタントとカトリックの宗教対立からヨーロッパ中を巻き込むことになった最大規模の宗教戦争)に赴いた際、身に着けていた軍装のスカーフがネクタイの原型。
そのスカーフが国王を始めフランスの上流階級にも流行し、のちのち世界中に広まっていったんですね。

格闘技好きにはK-1で活躍したクロアチアの英雄ミルコ・クロコップ選手のイメージが強いんじゃないでしょうか。

IMG_9262.jpg

オスシくんが飲んだのは、
イロチュキ・ポドルゥミ・ワイナリーのカピストゥラニ・ツルニ。
クロアチア最古のワイナリーで英国王室にもワインを納めているとのこと。
バランス良くしっかりとした味わいの赤ワインです。

ルーマニアのワインも飲みたいだけど、せっかくだから飲んだことのない国のワインを!
ということで今回あまり時間が無いためラスト1杯はジョージアのワインを注文。
個人的にジョージア語の丸文字は世界一カワイイ文字じゃないかと思っています。
ただ、まったく解読できない!

IMG_9265.jpg

今回飲んだミルディアーニ社製キンズマラウリ。

IMG_9266.jpg

またセミスウィートワインを。
複雑な風味と渋み、舌触りが強く舌先に感じる酸味。
ワインも日本酒も、甘口大好きっす!寒いトンネル内では甘口の方がより美味しく感じるような。

色々なワインを片手に様々なおつまみも楽しめるのがトンネルワインフェスタの良いところ。
ケバブ屋さんがあったり、おかきの販売店もあったり。

IMG_9264.jpg

こちらは横浜市営地下鉄ブルーライン片倉町駅にある『キリン食堂』さんのキッシュロレーヌ。
食にこだわりあるカフェバーでお店のパティシエール渾身のキッシュ(来ていた常連さん曰く)は、
クリーミーで冷めていても香りよくパイ生地のサックリとした食感が心地いい。
出来立ても食べてみたいなあ~!お店に飲みにいかないと。
管理栄養士さんとパティシエールさんが経営する異色のカフェ、
もう組み合わせだけで料理が楽しみ過ぎる!

片倉町 『キリン食堂』食べログ



ジョージアワインブースの隣りではジョージアおつまみも販売。

IMG_9255.jpg

オジャクリにハチャプリ、語感が気持ちいい。合わせて早口で発音したい。
ソコケツゼは言いにくいなあ~。注文でもうまく言えず。

IMG_9258.jpg

オジャクリはおいも料理。
こふきいもにジョージアから輸入したスワネティソルトがかけられているとのこと。
このソルトはいわゆるハーブ塩で独特なスパイス感が旨い。
そしてこのスパイスの風味がワインに合う!

IMG_9259.jpg

マッシュポテトのチーズがけがソコケツゼ。
もうね、チーズがかかってるだけで合格!なんですが塩味のマッシュルームがまたジューシーで美味しい。
1口100円のキノコだから大事に食べないと...。

ワインを楽しんでいる間、民族衣装をまとった方がアコーディオンを弾きながら現れて演奏を披露してくれたりと音楽も楽しめました。
トンネルに音色が反響して心地いい響きに。ワインの酔いと相まってウットリです。

今回ちょっと駆け足での参加になってしまいましたが、次回もあるならじっくりと各国のワインを楽しんでみたい!


【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】

コメント

非公開コメント

オスシくん

痛風家系。東京都在住おじさん。

20歳の頃出会ったサイト「居酒屋礼賛」さんに感銘を受け飲み歩きを開始。
大衆酒場ともつ焼きが大好きに。

元よしもとのお笑い芸人。かつてガリバートンネルというコンビで活動しておりました。
いろんな番組やイベントに呼んで貰えて今も感謝です!

筋トレとお酒の両立を目指しています。
趣味でテクノDJも。
川べりや公園にイスを設置しておだやかに缶ビールを飲むチェアリングサークル「東京座遊会」主席。
たまに日本唯一のプロ宴会芸チーム(笑)
BAD×TENとして活動中→BAD×TENのHP

※閉店したお店も記憶として掲載、古い記事は画質が悪くてすみません<(_ _)>

twitter ID→mstmhr
instagram→misu_insta

サイトポリシーについて

プロモーション

グループカテゴリー

各路線並びに周辺駅をまとめています

最新コメント

検索フォーム

お問い合わせ先はこちら